函館山の麓にて…

アクセスカウンタ

zoom RSS キリストトカゲ!?

<<   作成日時 : 2007/01/07 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

1月7日(日)
NHKで放送された「ダーウィンが来た〜いきもの新伝説」が
おもしろかった!

コスタリカに生息するトカゲさんの特集だったんだけど、
そのトカゲというのがコレ↓
画像


名前を“バジリスク”(英:basilisk)
かっこいい名前じゃのぉ〜。
緑色の身体もりりしいこと。
あんまり爬虫類は好きじゃないけど、
彼には興味を持ちました。

それは何故?

このトカゲ君、なんと水の上を走ります!
(あっ、水にも30分くらい潜れるんだった。
これもスゴイね〜ヽ(´∀`)ノ )

1秒間に20歩!!
時速にして106qだそう。
水の上をシャシャシャシャ〜っと、
一瞬にして駆けていくのであります。

走る姿がガニマタなので、
昔有名になった“エリマキトカゲ”を思い出しちゃいました。

走る際、水の中に足を入れている時間は5/100秒。
足を水に入れた時の衝撃力、抵抗力、浮力の3つが
うまく作用して、水上を走れるんだそうです。

走る仕組みがわかったところで、
とても人様には出来るはずもなく。
生物のすごさに感動してしまいました。

「ダーウィンが来た!〜いきもの新伝説のHPはコチラ
http://www.nhk.or.jp/darwin/program/program036.html

で、このバシリスク君は、
古代ローマ時代の書物にも存在が記されていたりして、
かつて蛇の王とか、見ただけで死んでしまう力がある等
人々からは恐れられていた伝説の生物だったようですよ。

そのせいかだんだんイメージが誇大化して、
巨大な怪物とか口から火を吹くとまで言われたそう。

実際、目にした人や、
コスタリカという欧州から遙か遠い島に行って帰ってくる人も
わずかだったんでしょう。
人々の空想はムクムクと広がったんですね〜。
なんでもハリーポッターなどのファンタジーものや、
ゲームなんかに強敵として登場してたりするみたい。

実際の生態はトカゲ君だから、
普通に自分より小さいトカゲやカエルを食べたりしてましたよ。
で、ワニが近づくとまた走って逃げてた。

もう子供達は走るたびにキャッキャッと大喜びして、
大人は「いいぞ〜!」なんて言いながら拍手。

でもこのバシリスク君は別名もあって、
“キリストトカゲ”って
言うんだそうです。 Σ(o゚∀゚o)!!!エエッ

なんでも水上を歩かれたイイスス様の姿を思わせるとかで。。。。

でもさ…、
イイスス様は、
こんなに早くは歩かれなかったと思うんだけどナ…。(-∀-;)

名付け親は誰さ?










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
バジリスク見ましたよ〜
 我が家も、うぉ!すごいっ!おちびさんのバジリスクが、水上の時は、きゃあ!きゃあ!盛り上がり。
高感度カメラも凄いね〜
 ミルクの王冠、見たときのカメラね!!と。
実際に高感度カメラで、ミルクを落として、映像を見た事を思いだし
 バジリスクも凄いけど、高感度カメラも凄いねぇ・・・と、娘が言い出して・・・うなずく大人2人
るるるるるるる
2007/01/12 09:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
キリストトカゲ!? 函館山の麓にて…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる