「生徒を愛撫薫陶した恩人」 修道司祭ウラジーミル

ウラジーミル修道司祭 (1852.12.31~1931.11.27)の略歴 1852年(嘉永5) 12月31日 コンスタンチノグラド州ポルタヴァのジルコフカ村に生まれる。父親は村の司祭。 俗名 ワシリイ・ソコロフスキイ (Соколовский-Автономов Василий Григорьевич) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シュガーパウダーのようです

この冬、とっても雪が多いです。 雪中登山をしてみたいパパ。 お兄を連れて出発しました。 手にはスキー用のストック持参。 函館山で遭難することはないと思うけど、お気を付けて。。。 女性陣はあったか~いお家でまったりしていると、携帯にメールが。 登頂、おめでとう!!!   素敵な街…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先には何が?

階段…。  坂道…。 (当たり前ですが) どこにでもあります。  教会の正門前にある階段や八幡宮の階段、 遊びに行った懐かしい愛宕グラウンドに行く途中の「剣坂」。 家の周辺も坂多し。 高校を卒業し、「もう坂ともおさらばっ!!」と思ったのもつかの間、 大学もアパートも登山のごとく急な坂道をのぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にゃんこ預かり中

夏です。 暑いです。 秋風はまだかしら。。。 “北海道の夏”に文句を言っていては、 他県の方々に本当に申し訳ないのですが、 ここ数年、しんどく思う夏日が多いのです。 「扇風機で十分。夜も窓を閉めて寝る!!」というのがこちらの夏。 でも、「クーラー、欲しいナ。。。」という言葉が汗と共に出てくるんだから、やっぱり暑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行き着いたところには…

夜間走行で夕張にやってきました。 朝食前に「滝の上公園」をぶらぶら散歩です。 ここはアイヌ語で「ポンソーカムイコタン」と言われる場所で、 「神さまが住んでいるところ」とか「小さな滝のあるところと」を意味しているとか。 水の流れがつくった渓谷。 自然の力ってすごい 「千鳥橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も作ってます。

3月10日(水) 復活祭の飾り卵として知られているイースターエッグ。 今年も夫婦してせっせと作っていますが、 パパはバレンタインの義理チョコのお返しにリクエストされたそう。 作ったそばから、すぐあげちゃうの??? 随分気前のいい方ですね。。。 あげるだけでなく、復活祭へのお誘いもしてみてはどうでしょう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

タイムスリップしたみたい…

2月7日(日) 今日は教会でいう“断肉の主日”。 復活祭を前にして、 日を追って食べ物の節制をするのですが、 肉類を食べる最後の日なのです。 実は、焼き肉店に行くつもりが、満席で入れず駅前をブラブラ。 子供達は夜の飲食店街を歩くことなんてめったにないので、 妙にワクワクしてます。。。 「ここがいい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more